夏休み終わりました

Posted by admin | 未分類 | 金曜日 19 8月 2016 10:43 AM

1週間の夏休みの後、

18日から授業が再開されました。

 

各教室とも猛暑の中、

たくさんの生徒のみなさんにお越しいただきました。

 

四谷教室、さいたまのカルチャーなどは、

ゲリラ豪雨の中、

びしょぬれでいらしてくださった生徒さんもいました。

 

夏休み中、

「寝たままできる きくち体操」を参考に

毎日足首回しをしていたら、

腰痛が治ったという生徒さんもいらっしゃいました。

 

膝が痛いので体重を減らす努力をされて、

効果を上げている生徒さんもいらっしゃいました。

 

無理は禁物ですが、

暑いからこそ、

痛いところがあるからこそ、

自分の体に思いをかけて動かしていきましょう!!

 

 

 

新刊「寝たままできる!・・・」を実践して睡眠の悩みから解放された!

Posted by admin | 未分類 | 水曜日 10 8月 2016 2:45 PM

86歳 女性 生徒歴21年

 

新刊「寝たままできる!体がよみがえる!! きくち体操」の動きを、

寝る前にベッドで実践したところ・・・・・・

 

さすがに歳のせいなのか、

このところなかなか寝付けなかったのに、

動かしているうちに、なぜかいつの間にか眠ってしまえるように。

おまけに、朝までぐっすり!!!

 

毎朝の目覚めもよく、

暑い日が続いているのに絶好調!!!なのだそうです。

 

睡眠に不安をかかえてるみなさん、

ぜひ、参考にされてください。

 

新刊「寝たままできる きくち体操」で罪悪感が消えた!?

Posted by admin | 未分類 | 土曜日 23 7月 2016 1:21 PM

「寝たままできる 体がよみがえる きくち体操」を読んで

感想がぞくぞく寄せられています。

 

その中で多いのが、

「実は私これまでも寝たままでやっていたんです。」

という告白。

 

え?あなたもそうだったの?

という方が次々と現れました。

 

毎日ちゃ~んとやってます!

といってたのは、実は寝たままでやってたんです。

 

「寝たままじゃぁ楽しているみたいで・・・」と思っていたのですが、

この本読んだら、

「なぁ~んだ、寝たままでもよかったんだ!」と罪悪感が無くなりました。

ということだったのです。

 

そうです。

「きくち体操」は、たとえ寝たまま動かしたとしても、

「きくち体操の動かし方」で脳を使って動かせば、

脳が活性化、体もよみがえるのです。

 

この本の「はじめに」で紹介されている生徒さんのように、

ベッドに入ってさぁ、寝よう!という時になって、

「あっ、今日体操してない」と気付いたら、

寝たままでよいので、自分の体に意識を向けて動かしてみてください。

 

今回の本は、なによりも「体操をする」ハードルを低くしたところがとっても好評なのです。

寝転がったまま、ぜひ体を動かしてください。

 

大きな書店でも、もうすでに売り切れで、

再注文のところもあるそうです。

 

ぜひ、みなさんも手にとって見てくださいね。

 

 

 

新刊発売!!

Posted by admin | 未分類 | 火曜日 19 7月 2016 3:47 PM

宝島社から新刊発売です。

「寝たままできる! 体がよみがえる!! きくち体操」 1200円(税別)

 

s20160716093622_00001寝たまま表紙

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「体操なんてめんどうくさい」という

ものぐさの方にぜひ。手にとっていただきたい本です。

 

「寝たままで出来るならやってみようかなぁ」という

体を動かすことに消極的な方もぜひ。

 

「家族にマッサージしてあげたい」という方も、

本邦初公開のきくち体操のマッサージが載っています。

 

 

たまには病院にも顔だして!

Posted by admin | 未分類 | 土曜日 11 6月 2016 12:35 PM

72歳 生徒歴1年  女性

 

入会前は膝に痛みがあって、

定期的に水も抜いていたそうです。

実際かなりのO脚でもありました。

 

きくち体操を始めてそろそろ1年、

日常でも自分の体に意識を向けられるようになってきました。

 

先日、犬のお散歩をしていたときに呼び止められました。

振り返ると通っていた整形外科の作業療法士さんでした。

 

「どうしたの、こんなにきれいに歩いちゃって!

若くなったわねぇ!

たまには病院にも顔だしてよ」

 

と言われ、あらためて実感されたそうです。

 

そういえばこのところ膝に痛みを感じることがなくなってきた。

水もたまらないから、確かに病院にも行ってなかった。

そうなの?O脚も治ってきてる?

きれいに歩けてるんだ私。

 

嬉しい!!!

 

「先生、O脚って本当に治るんですね!」

とニコニコ顔でこのエピソードを話してくださいました。

 

 

 

 

これからカラオケなの!

Posted by admin | 未分類 | 火曜日 7 6月 2016 4:05 PM

6月7日火曜日

関東地方、

天気予報は曇りでしたが、

霧雨が降ったり、やんだりで湿っぽい一日です。

 

川崎本部の午後の授業を受講されたA子さん。

帰り際、

「私、これからカラオケなの!」と弾むような笑顔。

あれ?A子さんっておいくつだったかしら??

 

名簿を見てびっくり!!!

88歳でいらっしゃいました。

 

 

ええ! 骨密度が 178%!!!

Posted by admin | 未分類 | 土曜日 28 5月 2016 11:47 AM

91歳の生徒さん。

同年代の女性に比べて骨密度が 178 %

 

驚くのは

20代の人と比べても

な、なんと107%

91歳の方ですよ

 

 

さすが、生徒歴30年以上

年齢を重ねてもダメにしない!

自分をさらによくしていく

 

忙しいから・・・

痛いから・・・・

疲れてるから・・・・

本当に言い訳ナシ!ですね

 

たくさんの生徒のみなさんから

「きくち体操」で動かすことの素晴らしさを

見せていただいています。

 

重版出来!!!

Posted by admin | 未分類 | 木曜日 26 5月 2016 11:03 AM

「あぶら身がスッキリとれるきくち体操」

KADOKAWA より 994円(税込)

4刷が決まりました!

H1−1

 

きくち体操創始者 菊池和子の一番弟子「あぶらみちゃん」が

三十路の「あたしちゃん」にダメ出ししながら

身体のあぶら身がスッキリとれる体操を伝授!

 

ゆる~い漫画の中に、リアルな女子の本音が!!

「まるで私の事みたい!」と多くの読者がうなづいた名作

 

これから体のラインが目立つ季節です。

まだ、お読みになっていない方は

ぜひ! ご一読を。

あぶらみちゃん s挿絵2

 

 

20年来の外反母趾が・・・ @札幌準教室より

Posted by admin | 未分類 | 月曜日 2 5月 2016 3:46 PM

 

61歳 女性 入会半年。

 

20年くらい前から気になりだした外反母趾。

でも、どうすることも無くあきらめていました。

 

そのせいかどうか・・・、ここ数年、

足がとても疲れるようになってきて、

おまけにつまずいたり、くじいたりと足の怪我も多くなりました。

靴屋さんにも相談し、オーダーでインソールを作ってもらうほどでした。

 

そんな私がきくち体操に入会し、教室で「足の指の大切さ」を知り、

歩く時はいつも

指で歩く! 指で歩く!と

足の指、特に親指を意識して歩くようになりました。

 

毎日お風呂に入る前には、

足の指をしっかりと動かして、

特に親指を外側に開いてから入浴しました。

もちろん、教室にも週1回休まず通いました。

 

そんな、こんなで5カ月程たった頃。

同じ靴屋さんに夏用の靴をもとめに行きました。

 

オーダーするために、足のサイズを測りました。

すると

 

左足の親指の角度が

22度 ⇒ 17度に。

右足の親指の角度は17度くらいだったのが、

なんと正常値に! (※15度以内が正常値)

 

さらに

浮き足も改善されて、重心も変わってきているとのこと。

靴屋さんがビックリ!!!

 

靴屋さんは「靴のおかげだ!」とあまりに喜んでいらっしゃったので言えませんでしたが・・・・、

私は絶対に自分で意識して動かしたり、歩いたりしたせいだと確信しています。

 

20年来の外反母趾が改善するなんて!

生き返ってきた私の足の指!

 

これからの自分が本当に本当に楽しみです。

 

 

<札幌準教室からの嬉しい報告でした>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女性のための養生訓

Posted by admin | 未分類 | 木曜日 14 4月 2016 12:40 PM

4月5日の読売新聞の記事

「女性のための養生訓 標語入賞作決まる」

NPO法人「女性の健康とメノポーズ協会」が発表しました。

※メノポーズ=更年期 女性の健康づくりとよりよい働き方を推進しようと活動

 

「筋力が 生きる姿勢を 支えてく」

 

筋肉量は年齢とともに低下するが、トレーニング次第で何歳からでも改善できる。

筋力が前向きな生き方も支えてくれるという女性にはとても大切なことを端的に表していると評価されたということです。

 

作者は52歳神奈川県の女性

 

「筋力が 生きる姿勢を 支えてく」

本当にその通りですね。

 

 

 

 

次ページへ »