定年後、「きくち体操」とともに

Posted by admin | 未分類 | 月曜日 13 3月 2017 11:33 AM

82歳 男性 生徒歴18年の方からお手紙をいただきました。

 

前略、失礼いたします。

・・・・

・・・・

おかげ様で80歳を超えて、まあまあの生活ができるのも

「きくち体操」のおかげといつも妻と話しています。

 

本当に、体操をしていなかったら、どうなっていたかと思いやられます。

 

入会のきっかけは妻。

すでに「きくち体操」の生徒であった妻に、

退職の翌月には、川崎教室に連れていかれ(笑)入会いたしました。

当時はまだ若かったせいか、体操後にクラスの仲間とビールを飲み、

月1回ハイキングと楽しみがいっぱいで、現在まで長続きしたもとになりました。

 

それでも、ここまで来るのに色々ありました。

それを乗り越えてこれたのも「きくち体操」があったからです。

 

69歳の時、

「脊椎管狭窄症 堆弓2本切除」の手術を受けました。

経過は驚くほど順調で、リハビリも皆よりぐっと短く

無事退院できました。

周囲では後遺症もなく良く治ったねと感心されました。

 

73歳の時、

原因不明の足腰のしびれ(坐骨神経痛?)で入院検査するも原因は全く分からず、

医者もお手上げでした。

 

寝ているだけの毎日でした。

ふと、菊池先生の言葉を思い出し

天井を向きながら飽きるまで足首回しを行い、

同時に指先回しを行いました。

15日たった頃から痛みも和らぎ、起き上がれ、歩けるようになりました。

 

結局入院は30日。

お医者さんは痛み止めを処方し、検査するだけでした。

今、考えると無事退院できたのは足首回しのお陰だったと思います。

 

近著「寝ながらできるきくち体操」が当時あったらもっと色々できたかな・・・と思っています。

今でも時々しびれはありますが、生活に支障はありません。

なんとか再発だけは防止したいと考えています。

 

今は、授業と合わせて自宅でもDVDを使って体操をしています。

DVDは2種類交互に使用しています。

妻も時々参加しています。

 

長続きの秘訣は、

「動く日時を決めること。できなかったら必ず翌日実施する習慣をつける」

ことだと思っています。

 

以上、御礼とご報告まで。

 

 

 

 

 

 

 

3か月で膝痛・冷え性・自立神経失調症・ぢ が改善

Posted by admin | 未分類 | 土曜日 4 3月 2017 4:01 PM

61歳 入会3カ月

ヨガ歴20年 女性

 

ヨガを20年やっていましたが、

この2~3年よくつまづくようになり、2回も転んでしまい、

いつも脚が重く歩くのが大変になってきました。

首も痛んで後ろが向けなくなり、ヨガはやめました。

 

「きくち体操」入会時は

膝痛、冷え性、自立神経失調症、ぢ もありました。

 

ヨガでも足の指と手の指の握手、足首回しもやっていました。

動きは同じようなのに、体に対する意識の違いに驚きました。

 

今までねじるのは、体が柔らかくなるようにと思っていましたので、

「脳」で動かす。「筋肉が大事」など

全く知らずにいました。

 

首の痛みが入会1カ月でなくなり、脚が付け根から上がるようになり、

つまずくことが無くなり、転ぶ心配もなくなりました。

 

3年も痛みで悩まされていた「ぢ」も、知らぬ間に治りました。

膝痛、冷え性、自律神経失調症なども改善!

 

たった3カ月で、こんなにも体が良くなっていくのにビックリしました。

これからもどんどん良くしていけると思うと本当にうれしいです。

 

 

 

 

東京新聞 暮らすめいと 「健康な人は体が美しい」

Posted by admin | 未分類 | 土曜日 4 3月 2017 10:52 AM

「暮らすめいと」

東京新聞で月に1回配布される生活情報誌です。

 

平成25年 2013年7月 から

4年と8カ月 全45回

健康な人は体が美しい」と題して

「きくち体操」の連載が続きました。

 

この3月で最終回でしたが、

その後、毎日のように電話をいただき、

反響の大きさに驚いています。

こんなにもたくさんの皆さんが楽しみにされていたんだと

感激しています。

 

毎月切り取ってファイルしていますという方も多く、

「毎日実践して膝や腰の痛みが改善しました」

「楽しみにしていたのでとても残念です」

「冷蔵庫に貼ってます」

 

その中で75歳の女性からのお電話は、

「最終回の菊池先生の記事、一生の宝物にします。

今の私にぴったりの言葉でした。家のあちこちに

コピーして貼ろうと思います。」というものでした。

 

その方は、癌で食事ができず、家に引きこもりがちになって

筋肉が落ちてしまった。

少しでも回復しようとウオーキングを始めたら、

膝を痛めてしまい病院通いの日々だったようです。

 

最終回に菊池先生が書いた言葉は、

「・・・・・・・・・『骨は生涯作り続けられる』という事実は

なんという希望でしょう。食べ物に気をつけて、意識を向けて動かし続けていれば、

老化という言葉で諦めることはないのです。

生きている限り、動かして筋肉や骨を作ることができる。

それを忘れずに、これからも命そのものである体をあなた自身で動かし、

生き生きと暮らしていただきたいと思います。」

 

 

 

 

もう、ビックリだわ~!

Posted by admin | 未分類 | 木曜日 23 2月 2017 1:59 PM

69歳 そろそろ入会して1年 女性

 

低体温で苦しんでいました。

35度代。

寝る時も電気毛布と靴下が手放せなくて・・・・

 

ところが、

今は体温36度代。

電気毛布に電源が入ることはなく、

靴下も脱いで寝ています。

 

それから、もうひとつ嬉しいことが。

 

夜、足がつってつって、

余りの痛さに救急車を呼びたいと思ったほどでした。

 

インストラクターから、

寝る前に「きくち体操」の足首回しをしてから寝てみてくださいと

アドバイスをもらい、

実践したところ。

ほんとにつらずに朝までぐっすり。

 

試しに、足首まわしをしないで寝たら、

つってしまいました。

 

「も~お、ビックリだわ~~!」

「ほんとにありがとう!感謝です」

と嬉しそうに報告してくださいました。

 

リウマチ 改善!

Posted by admin | 未分類 | 火曜日 21 2月 2017 4:30 PM

入会して2年半。

50代の女性。

 

リウマチを患い、

ひどい時は注射と飲み薬が4錠。

痛みがある時は注射を楽しみに思う程でした。

 

「きくち体操」を始めて10カ月。

注射の必要が無くなり、

さらに半年後、

飲み薬も3錠になりました。

 

「きくち体操」に出会えたおかげ。

 

夫にもすすめていて、

一緒に教室に通いたいと思っています。

 

74歳で入会 リウマチ、うつ病、腰痛、緑内障、肺の病だったのに・・・・

Posted by admin | 未分類 | 火曜日 7 2月 2017 5:13 PM

74歳で入会。女性。

 

うつ病の薬を飲みながら、

リウマチをかかえ、

腰痛に悩まされ、

緑内障を患い、

半年に一度肺の検査をしながら

「きくち体操」を始めました。

 

心も体もボロボロ、本当に最悪だったんです。(ご本人談)

 

最初はスタッフも「大丈夫か・・・」と心配するくらい弱かった方だったのに、

週に1度、休まず通われ、

自宅でも毎日「きくち体操」を欠かさずに続けられた結果、

 

半年程経った頃には、

まるで別人のように溌剌とお元気になられました。

 

現在79歳。

入会した時よりも4年も歳をとってるのに、

以前よりずっと若く、気力も充実。

 

菊池先生が、

「膝が痛くなるのは歳のせいじゃないですよ。」

「腰が曲がるのは歳のせいじゃないですよ。」

といつも伝えている、まさに見本のような生徒さんです。

いつも元気をいただいています。

 

この体で今年も生きる!

Posted by admin | 未分類 | 月曜日 9 1月 2017 11:57 AM

今日は成人の日で祝日ですが、

月曜日のお休みが続くので、

きくち体操の教室は授業があります。

 

今も川崎本部では72人の生徒のみなさんがスタジオで動いています。

号令は菊池和子先生82歳

 

体を動かすのにお休みはありません。

 

私たちの体は本当に素晴らしくできていて、

あなた自身が慈しんで動かせば必ずよくなるようにできています。

 

授業始まった時の体と、今1時間程経った体とでは雲泥の差です。

スタジオにみなさんの笑顔がこぼれます。

覚悟を新たに致しました。

Posted by admin | 未分類 | 月曜日 19 12月 2016 3:33 PM

今月の初めに御主人を亡くされた生徒さんから、

菊池和子先生にお手紙をいただきました。

 

御主人は癌で、

1年の闘病生活だったそうです。

 

入院、手術、通院、自宅介護と

忙しい日々の中でも、

週に1回のきくち体操には休まずいらしてくださっていました。

 

御主人の足の浮腫には、

御主人の足の指を動かしてあげたり、

足首を回してあげたりされたことがとても効果的だったそうです。

 

「楽になる」と、御主人はとても喜んでくださり、

生徒さんにとっても、御主人にやさしく接することができる時間だったそうです。

 

毎日の介護で疲れが出ないはずはありません。

それでも、がんばってこれたのは、

きくち体操で培った健康と体力によるところが大きかったとお手紙にありました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

週に一度、授業の時に聞ける菊池和子先生のお話が、

生きる勇気を与えてくださることに感謝しております。

これからの老後の人生を、

悲惨な介護を受けず、

最期の日まで自分の足で歩いて元気で暮らせるように

精進して参る覚悟を新たに致しました。

どうぞ末長くご指導くださいますよう、

よろしくお願い申し上げます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

こちらこそ、どうぞよろしくお願い申し上げます。

お手紙ありがとうございました。

 

とんこつラーメン大盛り!

Posted by admin | 未分類 | 土曜日 3 12月 2016 12:53 PM

25歳 男性

きくち体操を始めて半年程。

 

仕事のストレスで胃をこわしてしまい、

大好きな揚げ物やコッテリしたラーメンも

見るだけで

「ムリ~~~!!!」

となっていた毎日。

 

「男だから仕事は大事だけど、

体をこわしては、その仕事だって出来なくなるでしょう!!」と

きくち体操歴16年の母親にすすめられ、

「言われてみれば、確かにそのとおりだ」と納得、

きくち体操に通うようになりました。

 

体が固くて、動く時はあちこち痛い!

思わず「あ”~!」とか「う~~」とか

うめき声が出てしまいます。

 

周りで動いている人生の大先輩方は、

ニコニコしながら若者を見守っています。

 

そうこうしながら休まず通ううちに、

母親からは

「あなた体がしっかりしてきたね」と言われ、

弱っていた胃の調子もいつのまにかよくなってきました。

 

そして、ついに

 

ギトギトのとんこつラーメン!

それも大盛り!!!を平らげる程に。

絶好調!!!です。

 

 

若い人は本当に結果が早いですね。

うらやましいかぎりです。

仕事もますます頑張ってください。

みんなで応援しています。

 

 

 

出産後から20年以上悩まされた尿漏れが治った!!!

Posted by admin | 未分類 | 金曜日 25 11月 2016 1:45 PM

生徒さんから嬉しい報告をいただきました。

66歳 女性 きくち体操歴5年

 

30代後半に出産後、尿もれが時折あるようになりました。

50代になって、頻度が増してきました。

その為、毎日生理用ナプキンを一日中使用しないと不安になりました。

 

50代後半、体調をくずし、検査入院をすることがありました。

その際、医者(女医)から

「横浜市主催・骨盤底筋体操」を紹介され、3か月程通いました。

しかし、何をどのように動かしているか実感できず、

また尿漏れも変化しなかった為、辞めました。

 

その後、60代に入って、

足の裏の痛みや、右ひざの変形性関節症などから

「きくち体操」に入会しました。(2011年夏)

 

体験授業で大変感動し、生徒になって5年。

現在もお世話になり、本当によかったです。

 

入会して2年程した頃、

尿漏れが治っているように思えてきました。

始めは半信半疑でした。

 

だめらいや不安がありましたが、

思い切って生理用ナプキン使用をやめました。

 

大丈夫でした。

 

嬉しかったですし、

ホッとしました!

 

今も、もちろん大丈夫です。

 

これからも、

歳をとっても、

「きくち体操」があるから

私は大丈夫です。

 

 

 

 

次ページへ »